夜逃げの相場は?夜逃げのにかかる金額は?


夜逃げ

夜逃げを手伝う業者の金額・料金

夜逃げ業者は引っ越しを手伝う業者と、夜逃げの相談がメインで、オプションとして引っ越し作業も請け負う業者があります。

 

 

後者の夜逃げを専門に扱う業者の値段の相場は5万円というところが多いようです。しかし、夜逃げ業者を頼むと、この5万円にはどこまでの金額が含まれているかはわかりません。少なくとも、引っ越しの費用までは含まれてはいないようです。

 

 

また、ホームページを見る限り、この業者が詐欺をはたらいているのではないかと疑われるケースもあります。ですから、安易に頼ると情報を売られて、一層窮地に追い込まれる可能性もあります。業者を使って夜逃げ・引っ越しをする場合は、十分気をつけなければなりません。

 

 

とりあえず、業者に依頼して夜逃げの手伝いをしてもらうには、最低でも必要経費以外に 5 万円ほどかかると思っておいたほうが良いでしょう。

 

 

転校手続き、引越し後の公的手続きの代行、就職先の紹介・相談

 

業者によっては、転校手続き、引越し後の公的手続きの代行、就職先の紹介・相談を請け負ってくれるところもあるようです。これは、夜逃げする立場にとっては、非常にありがたいことではないでしょうか。

 

 

ただ、冷静になって考えると、転校手続き、引越し後の公的手続きの代行、就職先の紹介というものが、はたして相談にのれるものかという気もしてきます。とくに就職先の紹介というのは、夜逃げしているわけですから簡単には引き受けられないと思います。オプションサービスが極端に充実している場合、業者によっては詐欺を疑っておくほうが良いのではと思います。

 

 

また、これらの業者に、安易にマイナンバーを教えないことです。マイナンバーだけでは、具体的に詐欺を働けないと政府はしていますが、そのわけも国民には周知されていません。いまの段階では、マイナンバーを第三者には知らせないようにしてください。

 

 

今の夜逃げは借金が原因のものは少なくなってきている

 

昨今の夜逃げ業者は、DV・ストーカーの被害者が急増しており、借金が原因で夜逃げするお客を集めていないHP上の打ち出しをしているところも少なくありません。

 

 

しかし夜逃げであれば、原因に関係なく案件を請け負うところが多いようです。「金銭的理由による引っ越し」とは借金を逃れるための夜逃げと言うことです。わからない場合は、電話で業者に確認してみれば良いでしょう。

 

 

また業者の形態が引っ越し作業をメインにしている場合、引っ越し業者の許可番号がきちんと謳われていることが必要です。この番号は国土交通省が発行しているもので、番号を調べれば違法な業者であるかもわかります。一応気をつけてみたほうが良いでしょう。