ヤミ金程度で夜逃げしてはいけない?厳しい追い込みの現実


夜逃げ

夜逃げと追い込みの関係とは

夜逃げする動機には、追い込みが厳しすぎるということがあります。ここでは、法律が変わって追い込み自体が制限されていることを中心にお伝えしていきます。

 

 

また、夜逃げの原因として追い込みがきついヤミ金を挙げる方がいると思いますが、ヤミ金ごときで夜逃げしてはいけません。そのワケも書いています。

 

 

夜逃げは失敗に終わりやすい

 

あらためて追い込みの意味をはっきりさせておきましょう。借金関係で追い込みという言葉が使われているときは、大体が取り立てのことを意味しています。つまり、夜逃げの場合の追い込みというものも、金融業者からの取り立てが厳しいことが多いですね。

 

 

ただ近年は、追い込みや取り立ては制限されています。ですからまともな業者であれば、余程でなければ取り立てはしません。以前なら、時間や場所に関係なく取り立ては可能でした。これを制限する法律がなかったからです。しかし貸金業法が改正されて、追い込み・取り立ては制限されることになりました。

 

 

現在の追い込み

 

では、現在はどのような追い込みが行われているのでしょうか。

 

 

まず、はじめに携帯電話へ電話がかかってきます。家族にわかる家の電話や職場の電話にはかけません。この電話に対応し、遅れた支払いを払い込めば、基本的に次の展開に進むことはありません。

 

 

次の展開とは、[自宅へ督促の手紙]、[自宅へ電話]、[自宅への訪問]です。ただこれも制限の範囲で行われます。これなら、むかしの業者を知っている人なら、もはや取り立てとは思わないはずです。

 

 

ヤミ金程度で夜逃げはしない

 

ただ、こうした制限をきちんと守るのはまともな貸金業者です。というか、業法上の業者であれば、たとえ中小の業者でも取り立ての制限は守ります。しかし、所謂ヤミ金業者は、一度返済が遅れてしまうと、狂ったように追い込みを仕掛けてきます。

 

 

じつはヤミ金は金融業者ではありません。ただの詐欺集団です。そして、ヤミ金から逃れるために夜逃げをする方がいますが、これはやめておいたほうが良いです。というのは、ヤミ金の取り立てはとくに相手にする必要はないからです。そうです。ヤミ金から借りたのは失敗ですが(実際、ヤミ金の追い込みはこちらの気持ちがおかしくなるほどキツイ)、夜逃げまでする必要はありません。

 

 

また、ヤミ金から借りたお金は、判例上、返す必要もなしとになっています。ヤミ金に捕まるかもしれないと夜逃げまで企てたのかもしれませんが、彼らの多くは実体を明らかにはしません。ですから、警察に被害を報告して電話にも一切でないことです。そのうち、1ヶ月もすれば、取り立ても止んでしまうはずです。少なくとも、ヤミ金程度で夜逃げしないで欲しいと思います。