夜逃げをして就職に困ったら、住み込みの仕事の探し方


夜逃げ

夜逃げをして就職に困ったら、住み込みの仕事の探し方

一言に「夜逃げ」と言っても、人それぞれ様々な事情や理由があるでしょう。大きく分けると、親戚や住民トラブル等の対人関係によるもの。借金や多重ローン、滞納などの金銭トラブルに分けられますが、もちろん複合的な理由もあります。

 

 

夜逃げをする人の多くは、後者の金銭トラブルを抱えており、督促状や取り立てなどから逃げるために、文字通りに、人目を避けて、行き先が分からないよう逃げるのです。借金には「消滅時効」というものがあり、債権者が5年又は10年、その権利を行使しない場合は消滅するという制度があり、その期間を逃げ通せれば借金を帳消しに出来るというものなのです。

 

 

そのように夜逃げをするには、行き先を知られてはいけないので、もちろん転出届も、転入もすることは出来ません。ですから住民票を取得することも出来ず、様々な契約や手続きというものが出来ないという制約があります。

 

 

しかしながら、生きていくうえでは、就職し仕事をして収入を得なければ、生活することが出来なくなるので、たいていの人は住み込みの仕事を探します。就職の際にも住民票の提出が必要ない季節労働などの仕事について、住み込みで生活しながらお金を稼ぎます。

 

 

中には家族用の住宅を用意しているところもあるので、就職活動を行う前に調べておくといいでしょう。職種は限られますが、住み込みの仕事は、生活費が比較的安く抑えられ、人知れず働くことが出来るので、早くお金を貯めて、生活再建したいという人には良い選択肢なのかもしれません。